学習塾 学習塾


最新のお知らせ

DSC_0368

今月のテーマ&巻頭言9月

9月分です。
DSC_0368

雑記;公立高校入試など

南区久世・西京区・向日市etc 地元密着の学習塾 “中野ゼミナール” からのお知らせです。 いよいよ7月に入りました! (7月&夏期入塾、受付開始しております。ご興味をもたれた方は、まずはご一報ください。) 入試もそろそろ動きがいろいろ出てきました。 まずは恒例の「京都府公立高等学校スクールガイド」が作成されたようです。 もう中学校でも配布されましたかね? 全公立高校の情報が載っていますので、ぜひごいただきたいと思います。 塾にも一部あります。 この後、8月のおわり頃に 「入学者選抜要項」と「概要及び前期選抜等実施要項」が配布がなされます。 公立高校をメインに志望されている方は、この3冊はマストです。 確認してくださいね。(たぶん学校で配布されると思いますが)  
DSC_0368

7月です。夏期CCに向けて・・・

南区久世・西京区・向日市etc 地元密着の学習塾 “中野ゼミナール” からのお知らせです。 いよいよ7月。学習塾業界は「夏期講習」の準備の真っ盛りです。当然ウチも鋭意準備中です。 やはり「夏休みは天王山」ということばは正しくて(業界内だけかもしれませんが) ここでガンバった生徒さんは、秋以降に伸びることがおおいのですね。 当塾「中野ゼミナールでは7月後半~9月前半の約2カ月を「成績爆上げ」& 「宿題忘れ撲滅」& 「〇〇〇〇〇〇〇」月間とします! 詳しくは近日公開・説明・伝達します そして実行していきます。  
DSC_0732

今日の一問10(読解)

次の文章を読み、後の問いに答えなさい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1;傍線部➀とありますが、筆者はなぜこのように考えたのですか。次のア~オの中から適切でないものを選び、記号で答えなさい。
DSC_0368

再々々度テスト対策のお知らせ!

南区久世・西京区・向日市etc 地元密着の学習塾 “中野ゼミナール” からのお知らせです。 K世中はテストが修了! K川中・T戸中等は来週です。気を引き締めていきましょう。 明日からの22日(土)23日(日)にテスト対策を実施しますので、来てくださいね。
DSC_0732

今日の一問09(中2~の英語または国文法)

「形容詞」とは何でしょう?そして「副詞」とは?ついでに「名詞」は?
DSC_0732

今日の一問08(中テ)

今日は「時事問題」! 最近はテスト(特に社会か理科)に「時事問題」が出題されます。 中学生の皆さんは、なかなか忙しいので&興味がわきにくいので やはり苦手に思っている人が多いと思います。 今回は候補を挙げてみましたので、ご参考に。 ただしこればかりは イロイロありすぎるのと、 作問の先生の趣味が出ちゃうので(←コレよくないんだけどなぁ) あくまで参考程度に。★が清水が思う出そうな問題。これらだけ「問題」にしました。
DSC_0368

再々度;テスト対策のお知らせ!

南区久世・西京区・向日市etc 地元密着の学習塾 “中野ゼミナール” からのお知らせです。 いよいよ近隣K世中は明日からテストですね! 気を引き締めていきましょう。K川中・T戸中等は来週です。 22日(土)23日(日)にテスト対策を実施しますので、来てくださいね。
DSC_0368

再度;テスト対策のお知らせ!

南区久世・西京区・向日市etc 地元密着の学習塾 “中野ゼミナール” からのお知らせです。 早くも、テストが近づいてきています。 中学1年生は、テスト対策の外部募集(通塾生以外の方々の参加) も受け付けております。 (詳細は当塾まで、お電話等でお問合せください)   6月15日(土)16日(日) 久世中メイン 6月22日(土)23日(日) 桂川中寺戸中など にて、「テスト対策勉強会」を実施します。 大切なテストですので、しっかり対策出来るよう、その日は用事を入れずに空けておいて下さいね。
DSC_0732

今日の一問07(中2国)

「1字+1字+1字」の組み合わせになる三字熟語 「1字+1字+1字+1字」の組み合わせになる四字熟語 まもなくやってくるK世中のテスト。 中2国語の試験範囲に「熟語の組み立て」というのがありまして、 その中に「三字熟語の構成」というのがあります。
教育は人なり
 
■個性にこだわる ■学習能力にこだわる ■結果にこだわる
 この世に同じ人が二人といないように、学習のクセも本来は一人一人ちがうはずです。中野ゼミナールの指導は、その一人一人の“かけがえのない個性”から出発します。
 先の見えないこのような時代だからこそ、点数に一喜一憂しない視点が必要です。学力を支えている学習能力、態度の向上こそが、本当の教育の目的だと中野ゼミナールは考えています。
点数は子供を評価・序列化する道具ではありません。その子の長所・短所を見極め、未来への学習戦略を立てる重要な「ものさし」です。 数字から一人一人の物語を読み解くことが今求められています。