学習塾 学習塾


最新のお知らせ

DSC_0368

いよいよ夏期講習CCへ!!

本来ならば、既に「夏期講習」の時期ですが、今年に関しては、予定がずれておくれてしております。今週と来週は「夏期」とは名ばかりの「通常」と変わらない授業。8月1日から本格的に始めていきます。しっかり頑張っていきましょう!※夏期講習~の新規入塾、受付中です。 (受験学年は除く)
DSC_0368

テスト対策週間です。

南区久世・西京区・向日市etc 地元密着の学習塾 “中野ゼミナール” からのお知らせです。近隣の中学校で「定期テスト」の実施か近づいてきました。当塾では、その時期の中学生を対象に「テスト対策 特別授業」を行っています。今週土曜日曜で実施です。(一部中学校は来週にも跨ります)少しの時間かもしれませんが、ガッツリ勉強しましょう。勿論、質問・相談や自習室の利用もOKです。費用も一切かかりません。
DSC_0368

1ヶ月○○○生活seasonⅡ開始!

先月始めた企画。私は何とか続きました!!結構、役に立ったのもあったので、7月は「〇〇〇生活してみよーぜ!」月間seasonⅡとします。何かを今月いっぱい続けていこうという趣旨です。(実は某カリスマyoutuberのパクリ) とにかくチョッとしたことでもいいので、「少し自分にプラスになること」「ちょっと頑張ればできること」「やらなアカンと思ってたこと」を7月だけやってみるんですね。全員でやろうと思っています!やり方は皆さんに少しずつ伝えていきます。また、やることの決め方や、続けられるコツなんかもアドバイスしていきます。ちなみに私は
DSC_0368

中野ゼミナール「新ネタ」のお知らせ

どこかに書いたかもしれませんが、 中野ゼミナール今年度の「新ネタ」を 少しずつ形にしていきます! 小中高の授業とはちがうネタです。コロナのせいで伸び伸びになっていましたが、ここから少しずつ発表し、進めていきます。 その内容は、、、 「大人のための“お金”の勉強」(外部講師請の予定) 「大人のための“数学”基礎講座」(by清水の予定) 「大人のための“○○○”のススメ」(これはまだ内緒) の予定です。
DSC_0368

1ヶ月〇〇〇生活!開始!!

いよいよ制限解除で、当塾の授業も再開していってます。リスタートのネタ第一弾として、6月は「〇〇〇生活してみよーぜ!」月間としました。
DSC_0368

緊急!お知らせ

5/16以降、京都府では緩和というか解除というか、になりました。 当塾は5/21の授業から再開します。 5/18~20も開いていますので、 質問・自習・補習等に利用してください。学校などはまだのようですが、少しずつ再開に向けた動きが見られます。(うちの前のイ〇ンも専門店再開のようです) ただし、油断はせずに、 「出来るだけマスク着用」 「体調不良や微熱の場合はムリをしない」などご注意。 また、こちらも 「3密を避けるように」 「講師の体調管理」等に気をつけます。
DSC_0368

緊急・重要連絡

府から18日以降の休業要請も出されます。 しばらく当塾も「自宅待機・自宅学習」の期間を設けます。 18日以降の来塾は基本的に無しです。 期間は学校等にあわせて5月6日までを 現状は予定しています。 (当然、状況により変更の可能性があります。) 期間中の課題等については 個々人と連絡・相談の上決定していきます。 取り急ぎの連絡で申し訳ありませんが、 よろしくお願いいたします。
DSC_0368

学校が休みになるなら・・・

どうやら京都市は、学校が休みになりそうですね。延びてしまったしまった春休み。どうせなら有意義に使いたいものです。徒然なるままに、生徒・学生の皆さんに、休みの間にやってほしいコトを書いてみたいと思います。
DSC_0368

お知らせ2/28

とうとう国が「休校要請」とのこと。 京都市小中学校は「月曜日はあり」で確定の様子。 当塾は、まずは京都市内中学校にあわせて月曜日までは通常通りの実施とします。 申し訳ないですがもう少し様子を見て対応を考えます。 入試(京都公立中期)は3/6予定通りのようですので。 ビビり過ぎは宜しくないですが、注意するにこしたことはないです。手洗いうがい・体調管理!
DSC_0368

ご挨拶(初めての方はコチラを…)

アクセスありがとうございます。 こちらは京都市南区久世にあります学習塾 「中野ゼミナール」のHPです。 当塾の詳細等をこちらでご説明させていただいています。 まずはこちらをご覧いただければ幸いです。  
教育は人なり
 
■個性にこだわる ■学習能力にこだわる ■結果にこだわる
 この世に同じ人が二人といないように、学習のクセも本来は一人一人ちがうはずです。中野ゼミナールの指導は、その一人一人の“かけがえのない個性”から出発します。
 先の見えないこのような時代だからこそ、点数に一喜一憂しない視点が必要です。学力を支えている学習能力、態度の向上こそが、本当の教育の目的だと中野ゼミナールは考えています。
点数は子供を評価・序列化する道具ではありません。その子の長所・短所を見極め、未来への学習戦略を立てる重要な「ものさし」です。 数字から一人一人の物語を読み解くことが今求められています。